推薦者の声recommender's voice

トランクソリューションはゲイトソリューションの効果を高める画期的な装着型機器です

国際医療福祉大学大学院

山本澄子教授

 

トランクソリューションは私の下で約20年バイオメカニクスの研究を行ってきた勝平純司氏によって考案された体幹訓練機器です。

 

私の開発した下肢装具ゲイトソリューションの継手の機能を活かすには、体幹伸展,骨盤前傾の姿勢で踵接地をむかえる必要があるのですが、片麻痺を有する方にとってこの姿勢を意識するのは容易ではありません。

 

トランクソリューションを装着すると自然とこの姿勢をとることができるので、ゲイトソリューションの効果を引き出しつつ、良姿勢が保持できるという相乗効果を得ることができます。

 

勝平氏との共同研究でもバイオメカニクス的な相乗効果が得られることが明らかになっています。

 

 

トランクソリューションが体幹のアライメントを整え、セラピストの手を助ける

誠愛リハビリテーション病院

理学療法士 大田瑞穂 先生

 

9月より当院でもトランクソリューションを導入し、臨床での使用を開始しました。

 

トランクソリューションは片麻痺者の非麻痺側・麻痺側ともに振り出しを容易にし、歩容を改善する効果があります。

ゲイトソリューションなどの適切な装具を使用すると、より効果が高まる印象があります。

 

また胸と骨盤を支える力で上半身に生じる異常な代償動作を修正してくれるので,セラピストは体幹以外の部分に注力して歩行介助することができます。

 

まさにセラピストの手を助ける装着型機器です。

 

 

トランクソリューションは歩行再建の抑えとして使える機器

宝塚リハビリテーション病院

理学療法士 中谷知生 先生

 

当院ではT-supportという骨盤前面に通したベルトの張力により片麻痺者の麻痺側の振り出しを改善するという機器を開発し、実用化するとともに臨床でも使用しています。

 

トランクソリューションは我々の開発したT-supportと非常に似たコンセプトによってつくられており、骨盤前傾,体幹伸展の姿勢をつくりだし,体幹前面にある股関節屈筋を引き延ばすことで,下肢の振り出しをスムーズにします。

 

当院ではT-supportとトランクソリューションを併用し、先発はT-supportを使用し,ある程度回復して歩行の質をより高めたいという場面でトランクソリューションを活用しています。

 

トランクソリューションは歩行再建の抑えとして使える機器です。

 

 

トランクソリューションは幅広い症例,体格をカバーできる機能性とデザイン性を兼ね備えた装着型機器です。

健育会 竹川病院

可児利明先生・橋本重倫先生とスタッフの皆様

 

 当院は入院患者の約7割が脳血管障害患者の回復期リハビリテーション病院です。運動麻痺を中心に、失調症やパーキンソン病などの神経系疾患患者や脊柱・下肢の骨関節疾患患者など幅広い症例に使用しています。

 

様々な原因による不良姿勢に対し、体幹筋群の活動を持続的に促しながら姿勢を修正することができます。装着するだけで体幹へのアプローチが可能となるため、歩行や立位での活動など、課題に対するセラピストの介入がより容易になります。

 

体格に対する適応範囲も広いため、多くの人に装着が可能であり、体幹へのアプローチが必要な方への使用頻度はとても高いです。また、リハビリテーションで使用する装具は、機能を重視した見た目の無骨さや、大きさ・重さによって、「どうしても使いたいと思えない」と言われてしまうこともありますがトランクソリューションは、軽量でデザイン性に優れる点も導入のポイントとなります。

 

 

トランクソリューションを装着した5分間の連続歩行で,転倒リスクを軽減できる可能性が示されました。

平成横浜病院

鈴木真理先生・井上恵津子先生とスタッフの皆様

 

当院では,主に外来をメインに,運動器疾患,中枢疾患の患者様に対し使用しております。

 

短時間の介入でも効果を得られており,患者様からもたくさんの喜びの声をいただいております。

 

61名の外来患者様を対象に,20分の理学療法実施直後と続いて実施した5分間のトランクソリューションを装着した連続歩行直後で,転倒リスクとの強い関係が示されている片脚立位保持時間と10m歩行を比較しました。

 

いずれもトランクソリューションを装着した連続歩行直後で有意に改善するという結果が得られ,転倒リスクを軽減できる可能性が示されました。

 

本成果については,第26回慢性期医療学会で発表させていただきました。